リボディ通信

整体師による健康情報を配信中! 主に健康に関することを整体師目線で発信しています。生活習慣で気をつけるべきちょっとしたポイント、簡単な運動方法、巷で話題になった症状やダイエットなど。ぜひご覧ください。

頬杖は身体にとって悪影響

テーマ : 健康豆知識 

2017.05.15

考え事をしている時など、無意識に頬杖をついてしまう癖がある方は要注意です。

1.顎の筋肉の過緊張を起こす

頬杖をつくと、顎周辺の筋肉が圧されて、余計な緊張を強いられます。顎関節周辺が左右でアンバランスに緊張すると、不自然な噛み癖を起こし、顎関節症の原因にもなりえます。

2.姿勢が崩れる

頭部の重心が偏ることにより、当然ですが姿勢が崩れます。頭部が前傾するため主に猫背になります。それにより肩こりや頭痛が起きやすくなるばかりでなく、背中や腰の負担も増加します。

3.顔面のしわ、たるみの原因となる

頬杖が無意識に癖になっている方は、左右どちらかに偏って行う場合がほとんどです。抑えつけられることにより「しわ」ができたり、表情筋がゆるむことにより皮膚がたるみ、ほうれい線もできやすくなります。

 4.手首の負担が増える

顔だけでなく、支えている腕にも負担がかかります。特に手首を反った状態で長時間頭部を支えると、手首の腱鞘にかなりの負荷がかかります。

このように健康面では様々な悪影響があります。また人と会話をする際の姿勢としても、あまり良い印象に受け止められませんね。何気なく頬杖をついてしまっている方は、なるべく意識してやめましょう。

整体室リボディ 北中

ご予約はお電話で

058-231-1338

電話予約受付

8:00〜19:00 (日祝18:00まで) 月曜定休

メールでのお問い合わせ

お知らせ

6月の営業のお知らせ
平常通り営業いたします。 6月の定休日 : 5日・12日・19日・26日

お知らせ一覧

アクセス

岐阜市福光東2-7-25
メゾン孝東1F

リボディへの行き方

新着リボディ通信