リボディ通信

整体師による健康情報を配信中! 主に健康に関することを整体師目線で発信しています。生活習慣で気をつけるべきちょっとしたポイント、簡単な運動方法、巷で話題になった症状やダイエットなど。ぜひご覧ください。

寝返りしやすい状態を作りましょう

テーマ : 健康豆知識 

2016.11.15

秋を通り越して、今年は一気に冬になりそうな気温の日が続いていますね。そろそろ冬用の寝具を準備される方も多いと思います。ただ、気をつけなければならないのが、フカフカすぎる敷布団や、重たい掛け布団を使用することによる腰痛です。
どちらも「寝返り」をしにくくするのが原因です。

寝返りは、重力による床側からの反発を身体の一部分に集中させず、分散させるために非常に重要な動作です。健康な方であれば一晩で30回程度は寝返りするのが普通です。小さなお子さんなどは一晩中動きまわりますが、健康の証と言えますね。逆に、寝相がよすぎる方は腰痛になりやすいのです。

寝返りを打ちやすくするには?

1.枕を調節する

高さの高すぎる枕は寝返りをしづらくするだけでなく、首肩への負担も増加します。
後頭部よりも首の位置に高さがある枕を選びましょう。寝返りした際にも枕から外れないように横幅の広いものがよいでしょう。もしくは新しく枕を用意しなくても、バスタオルなどをロールした「首枕」で代用するのもお勧めです。

2.固めの敷布団にする

フカフカすぎる敷布団や低反発素材のマットレスは、身体が沈み込むことにより寝返りがしづらくなります。
畳+せんべい布団や高反発のマットレスなど、固さのあるものがよいでしょう。

3.掛布団は軽いものにする。

逆に掛布団や掛毛布は、フカフカで軽い方が寝返りが打ちやすくなります。
値段は高くなりますが、「軽いけど暖かいもの」を選ぶのが理想です。

 冬支度をする際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

整体室リボディ 北中

痰が切れやすくなるツボ

テーマ : ツボ 健康豆知識 

2016.10.15

朝晩は寒いくらいに気温も下がりますので、風邪をひいてしまった方も多いのではないでしょうか。

今回は、痰を切れやすくするツボをご紹介します。

○水突(すいとつ)

場所:のどぼとけ両脇の斜め下(胸鎖乳突筋上)

痰を切るツボ・水突 - 整体室ReBody

やり方

1.両手とも、人差し指の腹を当てて、軽く内方へ押す。

2.10秒押しあたら、指の力を抜いて3呼吸休む

※1と2を、5回ほど繰り返す。

 

痰が絡んで咳がつらい、喉の腫れが気になる時にお試しください。

整体室リボディ 北中

正しい手洗い&うがいのやり方

テーマ : 健康豆知識 

2016.09.15

9月に入り暑さも和らぎ、朝晩は肌寒く感じる季節になりました。気候の移り変わる時期は風邪を引きやすいものです。感染症の予防の基本である「手洗い、うがい」を行いましょう。

○正しい手洗いのやり方

ハンドソープ、石鹸などを使用し、以下の手順で洗いましょう。

1.手の平どうしをすり合わせる(5秒間)

2.片方の手の平で、もう片方の手の甲を洗う(各5秒間)

3.両手の指どうしを交差し、指の股を洗う(5秒間)

4.指先、爪の間も洗う(1本ずつ)

5.手首から肘にかけても洗う(各5秒間)

 

○正しいうがいのやり方

1.最初は水を一度口に含み、「くちゅくちゅ」軽くすすいだら、すぐに吐き出す。(いきなり喉でガラガラすると、口内の雑菌、食べかすなどを飲みこんでしまうため)

2.もう一度水を口に含み、今度は顔を上向けて喉の奥まで届くように「がらがら」して、吐き出す。

3.再度水を口に含み、喉の奥まで「がらがら」して吐き出す。

 

面倒くさがらずに、ちょっとした外出であっても帰宅後は手洗い、うがいをしましょう。

整体室リボディ 北中

冷房による痛みに注意!

テーマ : 健康豆知識 

2016.08.15

外はまだまだ真夏の暑さですが、どこへ行っても室内はむしろ寒いくらいに冷房が効いていますね。急激な温度差による体調不良は、冷房病のように身体の倦怠感だけではありません。時には部分的に激しい痛みを伴うこともあります。

○原因は?

当院の患者様でも多いのは、エアコンや扇風機の風を直接身体に浴びたことによる不調です。部分的に体温を下げ続けることで筋肉が硬直し、寝違えやぎっくり腰かのような急激な痛みを伴う場合があります。

 ○対処法は?

お風呂にゆっくり使って温まったり、マッサージでほぐして血行を促すことで改善します。また、冷たい飲食物の摂取も避け、温かいものを摂るように努めましょう。

 ○予防策は?

エアコンの送風は天井側に向けて出す、または扇風機を併用して空気を循環させて、直接体温ではなく室温を下げるように工夫しましょう。

整体室リボディ 北中

お腹が冷えると下痢になる?

テーマ : 健康豆知識 

2016.07.15

普段は便秘気味なのに、夏の季節だけお腹を下すという話をよく聞きます。

○なぜ夏場は下痢になりやすいのか?

1.冷たい飲み物、食べ物を摂取する機会が増える

2.薄着になり、お腹を出した状態になりやすく、冷房などで直接冷える

上の理由により、夏場は「冷え腹」とも呼ばれる状態になりやすいですね。どうして腹部が冷えると下痢になるのかというと、腹部周辺の体温が下がることは、内臓機能も低下して身体にとっては危険であるため、水分を放出して内臓体温を上げようとする生理現象だと考えられています。

○下痢にならないためには?

夏場に下痢になりやすいという方は、なるべく冷たい飲食物を避けましょう。また、扇風機やエアコンの風などが身体に直接当たらないように気をつけましょう。
すこし暑いですが、薄手の腹巻などでお腹そのものを保温するのも一つの手ですよ。

整体室リボディ 北中

ご予約はお電話で

058-231-1338

電話予約受付

8:00〜19:00 (日祝18:00まで) 月曜定休

メールでのお問い合わせ

お知らせ

6月の営業のお知らせ
平常通り営業いたします。 6月の定休日 : 5日・12日・19日・26日

お知らせ一覧

アクセス

岐阜市福光東2-7-25
メゾン孝東1F

リボディへの行き方

新着リボディ通信