リボディ通信

頭痛治療家による健康情報を配信中! 主に健康に関することを、頭痛治療家・整体師目線で発信しています。生活習慣で気をつけるべきちょっとしたポイント、簡単な運動方法、巷で話題になった症状やダイエットなど。ぜひご覧ください。

湿布はどれくらいの時間貼っておくべき?

テーマ : 健康豆知識 

2017.10.15

打撲や捻挫などケガをした時、真っ先に思い浮かぶ薬といえば、湿布薬だと思います。当院にも、市販されている湿布を貼った患者様がよく来院されます。中には数日前から貼りっぱなしだという方もおられます。

普段あまり意識されていませんが、湿布にも効果が持続する時間(寿命)があります。湿布と一口に言っても種類がありますので、効果が持続する時間も湿布により異なります。

○一般的に冷湿布と呼ばれる昔ながらのひんやりした湿布は、3~4時間程度で効果が弱まるものが多いです。

○整形外科などで処方される痛み止めの成分の入っている湿布は、8~12時間程度効果が持続するものが多いです。

大切なのは、その湿布の持続時間を把握した上で、定期的に貼りかえるということです。
効果が弱まったものをいつまでも貼りっぱなしにしておくと、皮膚がかぶれるなどの心配も出てきます。市販のもので貼れば注意書きをよく読み、薬局で処方されたものであれば受け取る際に薬剤師さんに確認しましょう。

整体室リボディ 北中

電話予約

058-231-1338

電話受付時間

8:00〜19:00 (日祝18:00まで) 月曜/第2日曜 定休

施術中は電話に出られません。お名前,電話番号をメッセージください。折り返します。

メール予約・お問合わせ

お知らせ

8月の営業のお知らせ
8/4(土)は長良川花火のため、17時で受付締切いたします。 また、8/7(火)は都合により、休業させていただきます。 8月の休業日:6日(月)、7日(火)、12日(日)、13日(月)、20日(月)、27日(月) ※8月から月曜に加えて第2日曜も定休日となりました。  

お知らせ一覧

アクセス

岐阜市福光東2-7-25
メゾン孝東1F

リボディへの行き方

新着リボディ通信